事業紹介

海外事業

飽和状態が進む、海外における日本・北海道食材の中で、
差別化を図れるように商品企画、提案方法を絶えず模索・実践しています。
販売・流通・商品開発に関しても、
国内と海外が相互的に作用できるよう、現地視察等を行っています。
このように絶えず世界に目を向けながら、ハードの部分だけでなく、ソフト面でのご提案を目指しています。

海外から絶えず入る、農産物や食品の動向に
常に意識を向けながら営業活動を行っています。

海外の成功店の小売りスタイルを学び、
数年後の日本のスーパーマーケットを
イメージしながら弊社の商品と一緒に小売りモデルを提案します。

海外の成功店の特徴を理解し、
「ワンストップショッピング」と「何気ない普段の生活を豊かにする」をキーワードに、価格以外のポイントがどこにあるか、検証作業を行っています。

商品開発の分野では、
海外の商品から日本人の発想し得ない
切り口を探り、新商品開発の感性を磨いています。

輸入業務

主な輸入品 1)玉葱・減農薬バナナ・梨・桃等の農産物
2)南マグロ(チルド)・エビ・活ロブスター等の水産物
3)羊肉(マトン・ラムロール・ホゲット)
4)買物ビニール袋・包装緩衝材のエアークッション等

農産物輸入業務の例

栽培を
打診・委託
豪州南部地域に、日本人向け玉葱の栽培を打診。
種子の供給
日本の種子を提供し、栽培技術を伝えます。
現地の栽培との合意点を探ります。
日本市場の
共有
現地生産者を北海道に招き、日本市場の規格基準の啓蒙を行います。
現地視察と
輸入
販売先担当者が現地視察をします。看板設置や圃場の撮影などを行い、実際の輸入へと進んでいきます。

水産物輸入業務の例

マグロの
空輸輸入
冷凍が主流のマグロですが、鮮魚の「生」にこだわり、
豪州の養殖マグロを空輸で輸入。
イベント
会場へ搬入
輸入したマグロを、直接マグロ解体イベント会場へ。

輸出業務

主な輸出品 1)農産物(人参・長芋・百合根・りんご等)
2)農産加工品(納豆・スィーツ・ジュース等)
3)菓子、アイスクリーム、拉麺、調味料
4)水産品(鮭・たら・かに等)

現在は、台湾、韓国、ベトナム、香港、シンガポールの他に、
近隣アジア諸国にある日本のスーパーマーケットを中心とした販売先に対し
「安心・安全」「信頼・美味しさ」をコンセプトに、
日本の食材の輸出を加速させるべく商品発掘に努力しています。

海外駐在所

オーストラリア メルボルン駐在所の地図

豪州(オーストラリア)
ブリスベン駐在所

ベトナム ホーチミン駐在所の地図

越南(ベトナム)
ホーチミン駐在所